PBピックツールの45度ベンド たまには工具の話

タイヤの交換をしていると作業風景をご覧に成りたい方は多いらしく、バイクやホイールの話になります。

まぁタイヤ屋がタイヤの交換をしてるんで、タイヤのご質問が多いのは普通にイメージ出来ますけど、意外と多いご質問が工具に関してですね。

「通常のレンチやドライバーはすでに持っているから、その他意外な便利ツールは有りませんか?」といお話。

そこで僕がオススメしたいのが、スイスはPB社のピックツールの45°ベンドですかね。

スイスはPB社のピックツールの45°ベンド

最初に揃える工具はめがねレンチやドライバーとなりますけど、少し突っ込んでDIYされる方、例えばブレーキキャリパーオーバーホールや、ちっこいパーツを外す事が多い方ですかね。

で、このピックツールの何が良いって、先端が二段階に45°に曲がっている所で、まぁこれが使いやすいのなんの。

スイスはPB社のピックツールの45°ベンド

で、たぶんPBピックツールの元ネタは、アメリカのスナップオンだと勝手に思っているんですが、、、

実はひとつ大きな違いが有りまして、PBピックツールの先端は少し丸く加工してあるんです。

スイスはPB社のピックツールの45°ベンド

この先端形状に関しては尖っているスナップオンとどちらが優れている。という事では無いと思いますが、僕はこれがかなり大きな違いと個性を発揮しているポイントだと思っています。

また、もし最新バージョンが鋼材や熱処理など仕様変更されていたら申し訳ないですが、スナップオンが固くて曲がりにくい素材だとすると、PBはバネっぽいしなやかさ。と言う違いを感じました。

で実際にキャリパーのシールを外す時はこんな感じです。ほんとスバラシイですよ、、、。

ブレーキキャリパーオーバーホール PBスイスピックツール

しかも先端が絶妙な丸さだから、シールを再使用する場合にも傷つけなくて安心!ほんとコイツは良く出来てる。もはや手放せない必携ツールですね。

ちなみに社名のPBは1914年にスイスのエメンタールで創業した鍛冶屋「Paul Baumann=パウル・ボウマン」さんの略らしいです。

このエメンタールって地名は、チーズのエメンタールですかね?

スイスはPB社のピックツールの45°ベンド

僕はすでに3本目の45°ですけど、まだ使ったことが無い方にはぜひともおすすめしたい逸品です。

まぁモトフリは工具屋じゃ無いっすけど、、、。

 

 

お問い合わせ

〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

バイクタイヤ交換モトフリーク東京看板