ドゥカティ モンスター900改 ピレリ エンジェルGTにタイヤ交換

今回ご紹介するのは、ピレリのツーリングスポーツタイヤ「エンジェルGT」にタイヤ交換いただいた、「ドゥカティ モンスター900改」です。

バイクタイヤ交換 ピレリエンジェルGT ドゥカティモンスター900SS改

 

オーナー様のご要望は?

現在はサーキットを攻めることもなく、基本的にはツーリング+峠の軽いスポーツラン。とのことで、ピレリのエンジェルGTをご指名いただきました。

バイクタイヤ交換 ピレリエンジェルGT ドゥカティモンスター900SS改

バイクタイヤ交換 ピレリエンジェルGT ドゥカティモンスター900SS改

一口にツーリングタイヤと言いましても、エンジェルGTはグリップがチョイ高めな感じがすることと、「しっかり曲がれる感」みたいな感じがするタイヤです。ツーリングタイヤとは言えスポーツ性能は侮れないものがありますので、よいチョイスだと思われます。

 

僕に「スポーティーとはナニか?」を教えてくれたバイク

個人的にドゥカティ モンスター900は思い入れ深いバイクです。

なんでかと言いますと、まだ僕が20代前半だったころ「レーシーの意味は分かるけど、スポーティーの意味が分からない」というのが有りました。そんな僕に「大人のスポーツ」を教えてくれたバイクだからです。

それは20年以上前のある日のこと、モンスター900とビューエルのS1を乗り比べつつ、サスセッティングする機会があったんですね。んで、モンスターを試乗したら一発でわかりましたよ。

「これがツーリングでもレーシーでも無くスポーティーなのか!!!」と。

特にパワーが有るわけでも無く、ブレーキが超強力でも無く、めちゃくちゃ軽い訳でも重い訳でもなく、大きくもなく小さくもなく、すべてが手の内で走行ラインが分かりやすくて、重心も低いから押し引きが楽ちん。

しかも同じショーワのサスなのにビューエルS1よりサスセッティングの差がしっかり出るから、なんでも出来そうな気にさせてくれるんですよね。

つまり「ホドホド感とバランスがスゲェー良い」と言う印象でした。

普段使いの街乗りからツーリング、たまにサーキットを流す。そんな全てが出来そう、もしくはやりたいな!と思わせるあたり、カタログスペックに心を惑わされやすい中二病基質の僕の脳内に鉄槌を下したバイクでした。

 

つまり「モンスター900SS改」的な感じですかね?

このモンスターちゃんをタイヤ交換作業している間に、ず~っと「何かが違うなぁ~」なんて違和感があったんですけど、オーナー様に確認してみたところ、、、

「以前サーキットを走っていたSS900の足回りをフルオーバーホールして、モンスターに換装しました。」とのお答え。

なるほど。各パーツ類がワイヤリングの穴が有ったり、サスのリバルビングが施工されていたりと、なんとなく「アナタ、実は結構走ってますね?」感が漂っている訳ですね。

カムシャフトは少しハイカムなSS900のを組み込んで、ピストンもJEのオーバーサイズで少々排気量アップ。などなど、それなりに手を入れてあるバイクであります。

僕がこういうバランスタイプのバイクに乗る日は来るんでしょうか、、、、、、。と言うか、似合う大人になれるかな?と思わせられた一台でした。

 

ピレリ エンジェルGTセールしてますよ~

バイクオートバイタイヤ交換東京ピレリエンジェルGT特価

 

お問い合わせ

〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

バイクタイヤ交換モトフリーク東京看板