ホンダX4 ダンロップ ロードスマート3にタイヤ交換

今回ご紹介するのはダンロップのツーリングスポーツタイヤ「ロードスマート3」にタイヤ交換いただきましたホンダX4です。

バイクタイヤ交換 ダンロップロードスマート3 ホンダX4 モトフリーク 東京

ホンダのX4はリアのタイヤサイズが190/60ZR17と少々特殊でドンピシャのタイヤサイズが少ないことと、オーナー様は基本的にはあまり飛ばさずに街乗りやツーリングに行かれるとのことで、ロードスマート3のご指名を頂きました。

なおホンダのホーネット250のフロントタイヤも130/70ZR16と珍しいサイズですが、そんな特殊サイズもしっかりラインナップにのせているあたり、安定供給義務に対する責任感というかダンロップの生真面目さを感じるところであります。

バイクタイヤ交換 ダンロップロードスマート3  ホンダX4 モトフリーク 東京
バイクタイヤ交換 ダンロップロードスマート3 ホンダX4 モトフリーク 東京

 

ダンロップタイヤの進化に感じること

現時点ではハイグリップ「α13→α14」スポーツ「ロードスポーツ→ロードスポーツ2(発売予定)」ツーリング「ロードスマート2→ロードスマート3」と言った新作が発売または発表されています。

スポーツタイヤのロードスポーツ2は未発売なのでわかりませんが、α14とロードスマート3に関しては総じて前作よりアタリが柔らかく、乗りやすい方向になっている印象です。

これは他社さんのタイヤにも言えることですが、ダンロップの今回の変更は結構大きな違いを感じます。

具体的にはバイクが立っている時とバンクしている時に、タイヤがどのようにたわむのか?という設計が素晴らしく進化した事が大きいと思われ、タイヤがハネずに常に路面と接地している時間の長さから来る情報量の多さや接地面形状の最適化で勝負している感じがします。

もちろん表面的なトレッド面のゴムが進化した!というのもあるんでしょうけど、ケース剛性や接地面形状の進化は特に多様な路面状況や走り方に、より大きく貢献するファクターと言えます。

「じゃ~実際に走って分かる違いは何よ?」それは、、、、、

 

スリップする程じゃないけど、なんだか怖い、、、

と言うあのイヤな感覚がだいぶ減ってくる。ということだと思います。有り体に言えば良い意味で普通。

バイクライダーなら数回くらいは経験した事があると思われる「なんだか分からないけど怖い、、、」というあの感覚。ライダーが恐怖を感じる時って言うのは「自分の予測とバイクが違う反応をした時」だと思うのです。たぶんなんですけど、、、。

サーキット激責!!!みたいな時は覚悟が有るからまだしも、普段の街乗りや軽く峠を流している時はリラックスしているからなのか予測外の事が起きると余計ナーバスに成りやすく、その後のライディングが疑心暗鬼に苛まれて辛い時間を過ごすことになります。

ところで「普段の乗り心地が良い」とか「コーナーリング時の安心感が抜群!」って言うのは一見全然違う事に感じるんですけど、それを実現する技術の根幹は一緒の場合が少なくないらしいんですね。

逆に言えば、ひとつの技術の進化が幾つもの新たな長所を生み出すことがあると。

特に最近のダンロップのワイヤリング技術は、ヤンチャ系走り屋御用達の某海外タイヤメーカーさんも注目しているらしい。ってのも相当な技術力を発揮している査証なんじゃなかろうかと、、、。

そこら辺の進化は、ジェイソン・アンダーソンとか、、、
ジェイソン・アンダーソン バイクタイヤ交換 東京 モトフリーク

ジョナサン・レイ、、、
ジョナサン・レイ バイクタイヤ交換 東京モトフリーク

みたいなプロライダーじゃ無い我々一般人でも充分に恩恵を受けられる部分なんで、ぜひぜひ皆さんも一度は最新タイヤを履いて頂きたいと強く思うわけです。

興味あの有る方は変に保守的になりすぎず、ゼヒ一度は最新タイヤをお試しあれ!!!

 

 

お問い合わせ

〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

タイヤ交換 バイク オートバイ 東京 モトフリーク