バンク以外の問題 10/12(木)追記 

このブログの反響の凄さにビックリしました。

そしてモトフリのハウツーブログがタイヤ宣伝ブログを圧倒的に上回っている事に少々落ち込んでもいますwww

まぁ頑張りますよ。皆さんタイヤ交換に来て下さいね。

いろいろ頂きましたご質問ですが、ことの始まりはバンクの遅さを根性のバンク角で補うのはリスキーなのでは?というものです。もちろん根性だけでバンクするのもNGですが、、、。

今回のブログはあくまでも速度に対して、必要とされる動作の早さ以下でモタついた場合の弊害や、立ち上がり区間での根性のガバ開けはハイサイドの原因のウチのひとつカモ?を提示したに過ぎないです。

言うまでもなく進入ブレーキや前後荷重移動の素早さ丁寧さ、サスセッティング、路面状況の読みなど他に重要で危険な要因も多いことを忘れないで下さい。

あと出来れば「世の中僕なんかよりスゲーライダーの方が多いので」続きはその人にも聞いて下さいwww

このブログを機に試行錯誤や議論が活発に成れば幸いです。

 

~~~ここから本題~~~

日々の会話の中で発見した問題点

タイヤ屋なのにサスペンションなんかも担当させていただいているモトフリークですが、タイヤ交換作業時に「タイムアップしましたー!」とご報告を頂くことも多く、モトフリ仕事欲の糧となっております。

やはり楽しくバイクを乗って頂けているのは嬉しいですからね。

で、そんなライダーさん達と走り方云々を伺っている時に「ん、今なんとおっしゃいました?」と言う疑問を感じたポイントがありまして、そのウチのひとつが「バンクスピード」でした。

異論反論いろいろなご意見が有るとは思いますが、問題解決の糸口に成れたなら幸いです。

 

ヒザ擦りは出来るが、その区間に問題あり!

バイクで走る楽しみのひとつに「練習して新たな技を手に入れる!」と言うのがあると思いますが、その中の大きなモノに「ヒザ擦り」が有るんじゃぁないでしょうか。

でも「やったーヒザ擦れたぜ!!!」って後にリーンウィズの速いライダーに抜かれて落ち込んだ」こと無いですか?

ハッキリ言って僕は有りましたよ。

で、その原因を考えた時に気づいたのが「バンク角の深さだけに頼ってはダメで、所定の深さまでに一気に倒すバンクスピードも重要?」という問題でした。

ようするに、ストレートエンドの減速からコーナーにアプローチする時に、もっさ~、と糞おっそいバンクをしてるから、コーナーリングが大回りして、スピートが遅いのに加速区間でバイクを立てられずリアが滑りやすいんじゃぁないかと、、、。

もちろんバンクスピードは状況に応じて調整は必要ですが、、、。

もしヒザ擦り区間が、減速しながら曲がるコーナー前半の一時旋回やパーシャル域のクリッピングポイントならまだしも、加速して脱出する二次旋回中に最大バンク角でアクセルを開けているなら、問題有りカモと思う訳です。

根性でやたらと奥でヒザ擦って、まだバンク深いのに根性でアクセル開けるとコケるカモ?みたいな。出来ればバンク区間は少なめにするために、サクサクっと必要な各動作を手際よく処理していければベスト。

 

バンクが遅いと前半大回りするし、加速でハイサイドしやすい

言うまでも無いんですが、ストレートエンドからコーナー進入~クリップポイントまでの「減速しながら曲がる=一時旋回」の時に「スパッと所定の角度までバンク」できずに、もた~っとゆっくりバンクするとシャープに曲がれず大回りします。

そうするとヒザ擦りポイントや「最大バンク角ポイント」がクリップより、だいぶ奥になってイロイロ問題が出る。

 

つまりこう言うこと!

バイクタイヤ交換東京 バイクバンク角ヒザスリアクセルブレーキサスセッティン 

クリッピングポイントを「奥にした!」のと「奥に成っちゃった、、、」では大違いなのだ!

渦巻きみたいに後半の旋回半径が小さい、おかしなラインに成りやすい!!!

 

そしてタイヤはこうなる!

バイクタイヤ ハイサイド サーキット サスセッティング

この中間バンク付近の線でつながった様なナミナミは確認できますか?

これはアクセルを大きく開けてタイヤのスリップ率が上がると出やすいのです。

当然上手くて速い方は意図的なので別ですが、まだあまりサーキットのリズムに慣れていないライダーが「そろそろ根性で開けられるようになって来たぜ!」と思ったら、、、

リアがスベってハイサイドしかけて焦った!!!

そんな時はぜひタイヤチェックしつつ、上の図を思い出して欲しいのです。

ちなみにフロントタイヤの中間バンク付近でナミナミが出ているのは、ブレーキを残しながらの進入で出来た可能性があり、バイクがアンダーステアだと成りやすいです。

 

本当に貴方のバンクスピードや動作は素早くスムーズですか?

誤解を恐れずに凄く極端なことを言うとライン取りなんてどうでも良いから、まずはひたすらスムーズなバンク練習を100回してみるってのは如何でしょうか?

安定して素早いバンクが出来ないと、ライン取りなんて意味ないですしね、、、。

 

リンク

速く(速度)なりたいなら、まず早さ(テンポ)!

 

お問い合わせ
〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

バイクタイヤ交換 サスペンションセッティング 東京 モトフリーク