ドゥカティ ディアベル ミシュランパイロットパワー3にタイヤ交換

今回ご紹介するのは、ミシュランのスポーツタイヤ「パイロットパワー3」にタイヤ交換いただいた、ドゥカティの「ディアベル」です。

ドゥカティ・ディアベル ミシュランパイロットパワー3 バイクタイヤ交換

「ディアベル」とはドゥカティ本社があるイタリア・ボローニャ地方の言葉で「悪魔」だそうです。ちなみにピレリタイヤのネーミングによくある「ディアブロ」は同じ悪魔でもスペイン語みたいです。

悪魔なんて言うネーミングで見た目もやたらとマッシブなデザインですが、三菱電機製電子制御やミクニ製のインジェクションやライドバイワイヤーなど、外見とは裏腹にアーキテクチャはかなり先進的なマシーンといえます。

そんなディアベルは峠のスポーツランでも意外とスポーティーなようで、スーパースポーツの仲間と一緒に頑張っている方も多いです。

 

ミシュラン パイロットパワーに交換

オーナー様はツーリングや峠のスポーツランなど、耐摩耗性とグリップのバランスを重視したオーダーをいだきました。いろいろお話した結果、ミシュランのスポーツタイヤ「パイロットパワー3」をチョイス頂きました。

ドゥカティディアベル ミシュランパイロットパワー3 バイクタイヤ交換

ハイグリップとツーリングの間に位置するスポーツカテゴリーは、元々がかなり「ツブシの効く」タイヤカテゴリーですが、中でもミシュランパイロットパワー3は、転ばないための保険としてのグリップや耐摩耗性、耐ウェット性など相当に高レベルな性能の持ち主です。

たまにサーキット走行をされる方などは、ハイグリップカテゴリーのパワーRSの方が良いですが、ツーリング先の軽いスポーツランであれば、パイロットパワー3は十分お釣りが来るくらいのグリップとハンドリングで楽しめます。

 

サーキットは行かないけど峠を軽く流す方にオススメ!

本当はサーキットも楽しめるくらいの性能は十分有るんですけど、ひと月~ふた月に一回くらいサーキットを走るライダーには、更に上のパワーRSとかピレリディアブロロッソ3がかなりよく出来たタイヤなもんで、そちらをおすすめします。

逆にサーキットは行かない方で、峠のスポーツランで結構飛ばすけど高速道路移動の耐摩耗性も欲しい、、、。なんて言う方にはパワー3はおすすめです。

パイロットパワー3は現在セット特価セール中ですので、お考えの方はぜひお問合せをお待ちしております!

ミシュランパイロットパワー3セット バイクタイヤ交換

お問い合わせ
〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

バイクタイヤ交換 サスペンションセッティング 東京 モトフリーク