いつもモトフリークブログを
ご覧頂き有難うございます。

本日ご紹介するのは
ミシュランの最新スポーツタイヤ
パイロットパワー3に交換頂いた
トライアンフデイトナ675です。
トライアンフ-デイトナ675 ミシュランパイロットパワー3に交換バイクラジアルスポーツタイヤ

ミシュランパイロットパワー3
はどんなタイヤか?
一般的に公道用タイヤは
ハイグリップスポーツツーリング
大きく3カテゴリーほど有りますが、
ミシュランパイロットパワー3は
中間のスポーツタイヤになります。

さてスポーツタイヤやハイグリップタイヤ
と言いますと耐摩耗性や温まりやすさなど
普段使いの安心感も気になるところです。

その点ミシュランは雨に対する強さや
偏摩耗に対する強さはトップレベルで
いわゆる「美味しい期間が長いタイヤ」です。

スポーツタイヤに普段使いの実用性を
プラスした性格はミシュランの特徴で、
パイロットパワー3も良くこの特徴を
発揮しています。

オーナー様のご要望は?
普段の街乗りからツーリング先のスポーツランまで、
しっかりとしたグリップと運動性能で
楽しさと「転ばない保険」を担保しつつ
耐摩耗性や雨に対する強さなどもお考えで
ミシュランパイロットパワー3の採用と成りました。
%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%95-%e3%83%87%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8a675%e3%80%80%e3%83%9f%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88

パイロットパワー2CTとの違い
良く頂く質問にパワー2CTとの違いが有りますが、
パワー2CTやピレリロッソ2の頃は
スポーツタイヤらしい中間的な
グリップのゴムを採用しつつ
タイヤの形や運動性能はハイグリップタイヤ
に迫る程のキレた設計がトレンドでした。

このトレンドも設計やゴムの進化などもあり、
全体的にもう少し実用性を重視した
設計になっていると思います。

また2CTの「2CT」構造より進化した
「2CTプラス」構造の採用により、
タイヤの摩耗が進んでも型崩れし辛く
見た目的に溝が減ってきても偏摩耗に強く
最後まで綺麗に安心して使える
コストパフォーマンスと安全性を
両立したタイヤと言えます。
ミシュランパイロットパワー2CTプラス構造パワー3
スポーツタイヤとしては全メーカー中
最高の実用寿命の長さだと思います。

現在大特価セール中です!
めったに無いミシュラン最新タイヤの大特価セール
表記以外の組み合わせも可能ですので
期間数量が限定のこのセール
お考えの方はぜひぜひご連絡お待ちしております。
ミシュランパイロットパワー3バイクラジアルスポーツタイヤ安い

 

お問い合わせ
〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

バイクタイヤ激安安売りモトフリーク東京