いつもモトフリークブログを
ご覧頂き有難うございます。

今回紹介するのは
ブリジストンの新作レーシングタイヤ
レーシングストリートRS10TypeR
タイヤ交換されたホンダCBR1000RRです。
ホンダCBR1000RR ブリヂストンRS10TYPER

ブリヂストンRS10TypeRはどんなタイヤか?
ブリヂストンの公道用ハイグリップタイヤ
レーシングストリートRS10を
さらにハイグリップにしてサーキットや
ハードなスポーツランに対応させたタイヤです。

名前こそレーシングストリート
ストリートと言う単語が入っていますが、
グリップや寿命の短さからしても
事実上レーシングタイヤと言って
差支えないと思います。

ダンロップ新作タイヤで言うところの
α13SPと同じカテゴリーですかね。

RS10TypeRをホンダCBR1000RR
に履くと何が良いのか?
ブリヂストンRS10TypeR
凄く単純な答えなんですが、
リッターSSと言うバイクは
基本的に戦う為に生れて来たバイクで、
純粋なレーサーと比べれば
公道用にデチューンされている所は有るものの
基本設計は全く違いが無く、
それなりのチューンとパーツを使用すれば
選手権で戦う戦闘力が有ります。

そんなセンダボな訳ですから、
当然メインと成る舞台はサーキットです。

オーナー様は公道用スポーツカテゴリーの
タイヤを履いていたのですが、
サーキットでの戦闘力を求めて
RS10Rをチョイスされました。

タイヤの初期グリップが良い事は
他の方のデータからもすでに分かっていますが、
溝が減って来た時のグリップや
ハンドリングの変化など
ライダーさんからどんなインプレッションを
頂けるか今から楽しみです。

峠のスポーツランや
サーキット走行を考えている方は
一度履いてみては如何でしょうか?

お問い合わせ
〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

shop