ライダー、ドライバーの皆さま
「本当に良いエンジンオイル探し」
困っていませんか?

先に結論
グループ4のPAO
グループ5のエステルを使った
「本当の合成油」をお勧めします!

最近は本当に良質なオイルを探している
方からご質問を頂く事が多く成りましたので、
気合を入れてオイルについてお話しいたします。

なおバイクや車等を前提として書いているので、
分かりやすくする為多少説明をはしょったり、
学術的な説明よりも慣例に基づいた
言葉を使用する場合があるので、
より高度な知識を必要とする方は
専門書等をご覧頂く事をおすすめいたします。
AMSアムズオイル バイクエンジンオイル

エンジンオイルの基礎知識
1)潤滑の3形態
流体潤滑
歯車など二つのパーツ間に十分厚い油膜があり、
何時いかなる時もパーツの直接接触は一切無い。
完全にオイルなど流体が潤滑している理想的な潤滑環境で、
いかに完璧なこの流体潤滑環境を維持するかが大切。

「理論上」この環境はパーツの損耗が発生しないので、
流体潤滑を維持し続ける事が出来れば、
基本的に硫黄系やモリブデン系等の極圧剤は
使用しなくてもOKですが実際はそんなに甘くない。

境界潤滑
単位面積当たりの圧力が高かったり
オイルの劣化により油膜が保持出来ないなど、
何らかの理由によりパーツ表面の
ミクロな凹凸がたまに接触するような環境。
潤滑がこの環境になるとパーツの損耗が進むため、
基油の性能だけでは既に摩耗を防げず、
有機モリブデンなどの極圧剤が
保険として必要に成ります。

なお「エンジンの当たりを出す」と言うのは
ならし走行等でパーツ表面の
ミクロな凸凹を取り去って平滑化し、
境界潤滑環境を流体潤滑と言う
理想的な潤滑環境に作り変える事。
と言い変える事が出来ます。

極圧潤滑
泥沼を走る建設機械のキャタピラーや切削刃先など
どう頑張ってもオイルだけでは油膜を保持出来無い、
相互パーツ同士が完全接触する最悪の環境。
ここまで酷い環境に成る一歩手前、
極圧と境界潤滑の中間位からが
二硫化モリブデンなど硫黄系「固形」潤滑剤が
威力を発揮して来ます。

2)エンジンオイルの成分
エンジンオイルはベースとなる「基油」と
追加性能を期待して「添加剤」をプラスして、
エンジンオイルとして販売されています。
摩耗防止剤や洗浄剤PH調整剤などは
一つの成分で二つ以上の仕事をしている
ものもあります。
基油(ベースオイル)
エンジンオイルの基本と成るオイル成分。
次項に述べる鉱物油や合成油などがあります。

極圧剤(きょくあつざい)
フリクションモディファイヤー

基油だけではパーツの相互接触を防げない
境界潤滑環境や極圧潤滑環境で損耗を防ぐため、
有機モリブデンや二硫化モリブデンを添加する。

またZnDTPなど燐、亜鉛系極圧剤も添加され
硫黄系添加剤とは相互関係にあります。

有機モリブデンで代表的なのは
硫化ジアルキルジチオカルバミン酸モリブデン
硫化オキシモリブデン・ジアルキルジチオリン酸塩で、
普段は液体ですが金属が接触した瞬間の高温で
分解し二硫化モリブデンに成ります。

4stオイルや2stオイルを長期間静置すると
表面に出来る緑色の液体はこの有機モリブデンで
あの某オイルが緑色の原因なのも有機モリブデンです。

気を付ける点はこの極圧剤自体は潤滑性が低く、
しっかりと流体潤滑が出来ている環境に
二硫化モリブデンの様な固体粉末極圧剤を入れると
かえって潤滑性能が悪く成りパーツの損耗が進む事。

そこで液体の有機モリブデンが一般的に成って来たのだが、
やはり基油の様な潤滑性が有る訳でも無いので、
余程過酷な潤滑環境で無い限りは良質な基油使用オイルで
流体潤滑環境を実現した方が良い。

またこの極圧剤使用を大いに謳った商品は、
「基油がショボイ」可能性が有る事を忘れてはいけない。
ただし境界・極圧潤滑環境で使用するミッションやデフ、
キャタピラーに硫黄モリブデン系極圧剤が使用されるのは
仕方が無い事であり基油の品質が悪い為ではない。

洗浄剤
エンジン内にたまった汚れ、
スラッジやワニス成分などを分解し
オイル中に分散含有させることで、
エンジンの再汚損を防ぐ。

良質なエンジンオイルほど
自分自身が汚れていくので、
汚れが酷いエンジンに良質なオイルを入れると
1~2回目の寿命が極端に短い事が有る
しかしそれは言うまでも無くオイルの
品質が低いのでは無く高品質だからです。

なお「本当に本物のレーシングオイル」は
吹け上がりや伸びを最重要視されるので、
洗浄剤が添加されていない物があります。
レーシングオイルが再使用禁止と謳われるのは
これが原因の一つだったりもします。

PH調整剤
基本的にエンジンから発生する汚れは
酸性で有る事が多く金属を腐食します。

それを中和する為にエンジンオイルには
中和剤としてPH調整剤が添加されています。

消泡剤
撹拌や圧力変動によるキャビテーション
オイル中の不純物が蒸発する事で発生する泡は、
油圧の不安定化や運べる熱量が低下するので
消泡剤を添加する。

3)基油によるグループ
基本的にグループ番号が大きいほど
高性能な基油(ベースオイル)と
考えて頂いて良いと思います。
が、、、
中にはクラスが高くても低品質な物が有るのは
世の常でございます。
そこら辺は一般的な評価も参考にして下さい。
エンジンオイルベースオイル表PAOエステル

おすすめオイルは何か?
結論から言ってモトフリークが
おすすめするオイルはなんでしょう?

まずずば抜けておすすめするのは
アメリカはAMS(アムズ)社のオイルです。

全然有名では無い多分誰も知らないオイル。
しかし、その地味な宣伝活動に反して
製品全般の真面目さとマニアックさは最強。
まさにアムズ社が声高に叫ぶ「エクストリーム」
究極の製品。と言う言葉に相応しいオイルです。

なんと言ってもグループ4と5の
本当の合成油をベースにしています!

吹け上がりの良さや伸びの良さ、
劣化の穏やかさから来るロングドレイン性能や
耐摩耗性、耐熱性などどれをとっても
私が使用したオイルの中で最高の性能を誇ります。

なにしろバイク乗りに限らず
その高性能から車用オイルまで売れ始めており、
どちらの方からも絶賛を頂いております。
私的にはオイルに限らずグリースなどケミカルから
クーラントに至るまで最高品質との結論に至りました。
まだ使った事が無い方は是非おすすめしたいオイルです。

その他おすすめはエコマーベラスオイル、
ドイツはフックス社のシルコリンや、
アメリカのロイヤルパープル、ケンドール
フランスのケンノルなどが真面目で良いと思います。

一部のシェルやモービルはとても良いでしょう。
でも全てではありません。

最近のモチュール300V、カストロール、
レッドラインもアムズ使っちゃうと、、、。
メーカー純正は、う~~~ん、、、
悪くは無いかもしれませんが性能に対して
コストパフォーマンスが悪いように思います。

なにかご質問等御座いましたら
モトフリークまでお問い合わせ下さい。

リンク
●「グリース編」モトフリークが送るケミカルの極意その1
http://motofreak.jp/?p=2238

●AMS OIL(アムズオイル)
究極のケミカルMP・HMPメタルプロテクター
http://motofreak.jp/?p=2455

●バイク豆知識一覧
http://motofreak.jp/?p=2524

お問い合わせ
〒120-0034
東京都足立区千住1-1-9-1F
TEL 03-6806-2277

http://motofreak.jp

shop